カードローンの知っ得サイト

消費者金融の特徴とは?

消費者金融には、さまざまな特徴があると言えるでしょう。

 

消費者金融といっても、最近では、テレビのコマーシャルなどもよく見かけますし、プロミスやアイフルなど、大手の消費者金融はその会社名も知名度があると言えるでしょう。最近では、コマーシャルでも有名人が起用されていることも増えてきていますので、安心感があると言えるでしょう。

 

消費者金融というと、金利が高いというイメージがありますが、最近では、大手の消費者金融であれば、違法な金利を請求されると言うこともありませんし、違法な取り立てなども全くありません。このため、安心して借り入れをすることが出来ますし、以前よりもクリーンなイメージもあると言えるでしょう。少額の借り入れや短期の借り入れの場合には、スピーディーに借り入れが出来る消費者金融で何度も借り入れをしているという方も結構居るようです。

 

その他にも、消費者金融にはさまざまな特徴があると言えるでしょう。たとえば、消費者金融でのキャッシングの場合、審査にかかる時間が短く、スピーディーに借り入れをすることが出来る点や、インターネットやスマートフォンからの申込みが可能であるという点があります。

 

また、消費者金融の場合には、無利息期間があり、初回の借り入れの場合には、無利息サービスがあるのが特徴です。多彩な返済方法がありますので、自分に合った返済プランを選ぶことが出来るのもメリットであると言えるでしょう。アイフルで借りる

消費者金融が行なう借入能力と返済能力の審査について

消費者金融からお金を借りようとして申し込みを行なったときに、実際に借り入れが出来るかどうかの審査が行われて、借り入れが可能と判断されたときに、借り入れが出来るようになるのですが、借り入れが可能かどうかの判断は、その人の借り入れ能力と返済能力を審査されて判断されます。

 

具体的にまず借り入れ能力ですが、まず信用情報に事故情報が載っていないか調べられます。

 

自己破産や任意整理などの債務整理を行なっている人は、5年から7年ほど債務整理を行なった情報が載ってしまい、この情報が載っている期間は新しい借り入れを行なうことが出来ません。

 

そして、既に借り入れを行なっている場合でも、返済日までに返済がなかった場合で悪質な遅延と判断されたときには、返済遅延の事故情報が載ってしまうことがあります。

 

そして、消費者金融に新しい借り入れの申し込みを行なうと借り入れの申し込みを行なった情報が6ヶ月間信用情報に乗るのですが、6ヶ月の間に複数の消費者金融に申し込みを行なうと、後から申し込みを受けた消費者金融からの審査が通り難くなってしまいます。

 

次に返済能力の審査ですが、消費者金融にとって毎月欠かさず返済してくれることが最重要になるので、毎月欠かさず返済できるかどうかの審査を行なっています。

 

毎月欠かさず返済できると判断されるには条件があり、今回の貸付可能金額が他社の借り入れも含めて年収の3分の1以下であるかどうかとなるので、他社の借り入れが多いと新しく申し込みを行ったときに審査に落ちることがあります。

 

そして収入も安定的に返済を行なえると判断されないと借り入れの審査が通らないので、例えば複数の雇用先から日雇いのように働いていた場合は、単純にフリーターと職業欄に記載するのではなく、自宅を営業所とした自由業として働いている旨を伝えるようにするなど、虚偽の申告にならないように注意しなら、書き方を注意する必要がなります。

どの段階で人を雇用するかが個人事業主のポイント

自分で好きな事やスキルを活かして仕事を行っていく事を考える方も多いのが最近の労働市場でのトレンドです。

 

普段から自分の働き方やお金に関する考え方は大変重要ですが、どのような働き方をしていければ最適な収入を得ていけるかは中々難しいのもまた現実です。

 

自分でフリーランスで仕事をしている中でどの程度まで、自分の仕事を増やしていけるかどうかを考える事も重要な仕事のターニングポイントとなるのです。素晴らしい仕事をして安定した収入を得る事は大変重要な事となるのです。

 

フリーランスは個人で自分の能力や生産性で仕事の質が大きく変化するのが仕事を行っていく上での特徴です。

 

しかし、仕事が安定した際にはどの段階から人を雇用するかを考えるかも重要な事となります。いかにして最適な仕事を自分で作っていけるか。そして付随する業務を他の人間に委託できるかを考える事は大変重要な事となります。

 

雇用をすることで当然人件費は発生しますので、そのようなリスクやコストをいかにして派生させないかを考える事は大変重要な考え方となります。

 

普段から自分の仕事をしていく中で仕事の管理や課業配分を適切に行っていけるかどうかはその人の仕事の考え方と同じ意味を持つのです。自分で自分の仕事を賄っていくのが個人事業主の特徴ですが、どの程度の部分で効率よく人を使って仕事を行っていけるかどうかは大変重要な事となります。素敵な仕事を自分で行っていく事で最適な自分の収入を得る事が可能となるのです。

個人事業主になってからの2つの悩み

私は、脱サラして、個人事業主になりました。

 

元々、プログラミング関係の部署にいて、事業を始めたのも、「ソフトウエア開発業」として始めました。

 

自分の作ったソフトウエアを販売して、多くの人に利用してもらう、できればどこかの企業に買い取ってもらうような夢を見ていました。

 

ところが、なかなか、ソフト開発の仕事の話は来ません。結局、発注内容にこだわらずに仕事をこなす必要がありました。

 

悩みの一つは、「思っていたような仕事は、なかなかできない」という事です。ほとんど「なんでも屋」のようになっています。

 

パソコンの描画ソフトでイラストを描いて納入したり、文章校正のような仕事をしたり、エクセル集計をしたり、、、、あまり開発と関係ない仕事もします。

 

ただ、今一件、小さいですがアプリの開発を頼まれています。これに成功すれば、少しずつ開発業が発展すると期待しています。

 

もう一点の悩みは、個人事業の皆さんは必ず面倒と思いますが、「確定申告」です。

 

私の場合は、ソフトウエア開発として、開業届を出しています。受注した仕事のうち、ソフトウエア開発と関係のない仕事も多いです。

 

経費として申告する時に、かなり気が引けます。青色申告を甘く見ていて、初年度はかなりミスをしました。

 

簿記の知識もなく、青色申告作成用ソフトを使っていますが、未だに面倒だなあと思います。個人事業主としてうまくやっていくには、毎日の経費と利益をよくチェックしてメモしておかないといけないので、負担になっています。

 

今のところ、人を雇う程、儲かっていないので自分でやっています。できれば、経理に詳しい人間を雇いたいと思っています。

更新履歴